ICT研究開発機能連携推進会議

ホーム > 導入・利用事例 > ICT研究開発機能連携推進会議

導入企業

■ICT研究開発機能連携推進会議(HIRP)
 財団法人石川県産業創出支援機構 サイエンスパークオフィス ネットワークアドバイザー
 HIRP事務局  瀧本 周平  様 
 
 HIRPとは、いしかわサイエンスパーク内のICT研究開発施設や大学の知的財産の活用、情報共有を目的とした活動を支援する任意団体です。同団体の会員向けにメンバーズページが利用されています。

                           

●プロフィール、特徴などを教えて下さい

瀧本様
HIRPは「ICT研究開発機能連携推進会議」の略なんですが、会員の方々でも、正確に言える人は少ないです(笑)。 略称の「HIRP」で親しまれています。平成17年度に総務省北陸総合通信局、石川県、財団法人石川県産業創出支援機構(ISICO)、能美市が発起人となり発足しました。毎年、会員は増えており、会員数は、76社・団体となっています。
セミナー、講演、勉強会、交流会などが主な活動内容なんですが、2009年から北陸先端科学技術大学院大学(JAIST)情報科学研究科の丹教授を中心に「ホームネットワーク研究会」を開催し、この取組みが中心となっています。サイエンスパーク内には「次世代ホームネットワーク高度実証研究施設(愛称 iHouse)」があり、大手企業を中心に、センサーネットワークの高度実証実験が展示されています。

 

●WebPilot メンバーズページを導入したきっかけを教えてください。

右に会員専用ページへのログインボタンが入口になっています

HIRPは、発起人に加えて数社の民間企業の方々が幹事として組織化されています。幹事会の中で、会員への参加メリットというかサービスの充実として、会員だけが共有できる情報を発信することについて提案がありました。

従来、ホームページやメーリングリストを利用して情報を発信していたわけですが、このホームページに、会員だけがアクセスできるエリアを確保して、セミナーの資料や、幹事の方々などの動画コメントなどを、会員限定で閲覧できるようにしたんです。動画は、ホームビデオで手軽に収録できますし、また、YouTubeなどの無料サービスを利用して再生できるようにしてあります。 

 

●導入してみて、いかがでしたでしょうか?

 「WebPilotメンバーズページ」は安価ですし、また、手軽に認証付きの限定ページを運用できそうでしたから反対の意見はありませんでしたね。
私自身、会員の方々に「HIRPを利活用して頂きたい」という思いもありますので、こういう提案はウェルカムです。
導入して、期待通りの機能でしたし、使い勝手も簡単で全く困りませんでした。
敢えて言うと、認証付きのページはオリジナルドメインが使えないんですね。考えてみれば、認証というセキュリティゲートを設けるわけですから仕方ないのですが。
既に利用中のレンタルサーバーに、そういうセキュリティエリアを設けることもできるかもしれませんが、それはそれで管理が大変なので、運用を中心に考えるとこの仕様で全く問題ないです(笑)。
また、WebPilotのエディタは簡単なので、HTMLのことが分からない人でも、チョッとしたメンテナンスであれば誰でもできるだろう、と思っています。
会員の方から、過去の資料を探したい時には助かる、といった反響もありました。
また、あるメーカーの方にご来県いただいて、セミナーで講師を務めていただいた後、その方を囲んでの懇親会を開いたのですが、その懇親会の時のコメントを動画で収録してあり、それも会員限定で閲覧することができるようになっています。とても楽しくて引きこまれるようなコメントでしたが、そういった動画を見られるようになっているのも好評ですね。
 
  iHouse                         iHouse

      光や温湿度センサを前に説明する瀧本さん           風向、風速を圧力で感知するセンサ  

 

編集後記

自然豊かな環境の中にある「いしかわサイエンスパーク」。 大いなる自然の中で、静かに英知が積み重ねられている、という印象を受けます。 ロボット技術の話題が多くなっていますが、そのうち家そのものがロボットになるのかもしれません・・。 (2012年5月 乙記)

 

【参考URL】

■ICT研究開発機能連携推進会議  http://www.hirp.jp/ 

このページの先頭へ