あおいくま

ホーム > 導入・利用事例 > あおいくま

導入企業

■あおいくま公式サイト: シンクロプラスナイト

レギュラーゲスト あおいくま(鈴木 武) 様
ホームページアシスタント 杉山 昌繁 様
 
 「あおいくま」さんは某大手電機メーカーの工場につとめていた元サラリーマン。 ゴミゼロ運動のジャンルでは、知る人ぞ知るという方です。 ゴミを減らし、再資源化するために培ったノウハウを、講演などで人々に伝えていく活動をされています。 より多くの人に、あおいくまさんの知恵とノウハウを伝えていきたいという思いで、ホームページを開設することになりました。

 

●プロフィール、特長などを教えて下さい

松下(現Panasonic)の関連工場に定年まで勤めていました。 転勤を命ぜられたのを断ったせいで、出世街道から外れてしまい、あっという間に窓際に飛ばされてしまいました(笑)。 それで、ほんとうに長い間、窓際族として肩身の狭い思いをしてきました。 ところが、53歳のある日、ゴミ問題にとりかかるキッカケがめぐってきました。 53歳とゴミ(53)、語呂合わせのようですが、年齢以外にも「5」と「3」という数字には、私はとても縁があります。 そして、それから毎日、コツコツとゴミをなくすためのことに取り組み、一万人規模の工場とオフィスのゴミをなくして、それを再資源化してしまうことに成功しました。 この取り組みの中には、ゴミをなくすというだけではなく、たくさんの発想の転換と知恵がありました。 その結果、不思議なもので、窓際族だった私が定年後、日本全国あちこちから後援の依頼をうけるようになり、各種講演や、ゴミゼロ運動の推進活動をしています。

 

●今までいろいろな方の名刺を頂戴してきましたが、あおいくまさんの名刺はインパクトがありますね

そうですか、笑。 確かに、私の名刺の表面には青い熊のイラストだけ。 裏返しても、名前も住所もかいていなくて、「あおいくま」の名前の由来が書いてあるだけですからね(笑)。

そう、あおいくま、とは・・・・・・

せらない」

こらない」

ばらない」

さらない」

けない」 の頭をつなげて

あ・お・い・く・ま なのです(笑)。

                 「あおいくま」さんから頂いた名刺

 

●レギュラーとして、シンクロナイト(レインボータウン FM)にご出演されているんですよね

はい、ご縁がありまして、今年の1月から月に1回出演させていただいています。 講演は延べ400回を超えています。 本も出版させて頂くことができました(『一日一センチの改革』)。 それで、私は自分のもっているノウハウを、たくさんの方にお伝えしたいと思っています。 会社員時代、ゴミを減らし、そのゴミを再資源化する取り組みを、所属していたグループのひとつで成功させました。 そこからグループ会社全体にその取り組みは波及して、その後、同じ業界の他の企業へも波及していきました。 今後は、さらに関連業界、そして世界に向けて広がるといいな、と思って活動しています。

また、いろいろな地域で講演をさせて頂いていますが、その地域から先へ波及し、例えば都や県というレベルに広がり、更に日本全土に広がって、そしてやはり世界へと広がっていくことを夢見ています。 現在、中国やインドなどの国がどんどん成長していますが、反面、ゴミは増えているのではないでしょうか? 私の取り組みはきっと、そういった国においても参考になるんじゃないかと思っています。 こうした夢を私は持っているわけですが、少しでもラジオを聴いたみなさんにノウハウの一旦というか、ゴミ問題に取り組むきっかけになってもらえば、と思って出演させて頂いています。 ゴミというキーワードが一見メインに見えますが、実際には、環境問題全般、心のあり方など、あおいくま流の意識の切替えを、できるだけたくさんお伝えできるように工夫しています。

 

●ホームページなどのinternetについて、どう思っていますか?

正直言って、苦手です(笑)。 私のノウハウの引きだしには、いろいろなネタが詰まっています。 そのノウハウを分類、体系化して情報発信できればいいのですが、私には、その時間がないのです。 聞いてもらえば、その引き出しにしまってあるネタを披露することはできるのですが・・・・・・(笑)。

(杉山氏)そのあたり、私が「あおいくま」さんと相談しながら、これからどうやって手間をかけずに情報発信していくのか、ということを二人三脚(笑)で模索していくことになりますね。 例えば、講演依頼をホームページから受け付ける、ということもできますし、今「あおいくま」さんが仰った『相談』をホームページで受け付けて、必要に応じて、番組の中で「あおいくま」さんが回答していく、というようなやり方もありますよね。 今度、サイトに反映させていこうと思っています。

            「あおいくま」さん

 

●杉山さんがWebpilotを使ってサイトを立ち上げられたんですよね?

はい。 ただ、私は本来、Webデザイナーではなく、ちょっと変わった整体師です。 ホームページを作る仕事もしていますけど(笑)。 自分のホームページを作るうちに、いつのまにか動画の処理をやったりホームページを作ったりもするようになったんですけどね・・・・・・。 それで、Webpilotは操作が簡単なので、Webの専門家ではない自分でも操作することができましたね。 ですから、本当は、「あおいくま」さんでも充分に操作することはできるとは思うのですが(笑)、時間がないということで、私がとりあえず作ったわけですが、先ほどあおいくまさんも仰った通り、どうやって効率的に情報発信していくのか、という点について、我々はホームページだけではなく、番組や講演、ホームページなどいくつかの方法をもっているわけですから、それらをうまく組み合わせて使っていきたいと考えているんです。

  

編集後記

インタビューの中で「タダで入れて、景色が最高の、イイ露天風呂があるんだよ」と言われました。 山や海辺で自分で掘って浸かるお風呂(?)のことかなぁ、と思いつつ。 実は、誰でも毎日でも入浴することのできる方法があるんです・・・・・・とのこと。 その答えを今ここで書きたいのですが、それはヒミツ。 いつか「あおいくま」さんがラジオ番組の中でお話になるかもしれませんから(笑)。 そういう意味でも、「あおいくま」のホームページは要チェックですね。  (7月 おつ記)

 

【参考URL】

■レインボータウンFM  http://www.792fm.com/

■シンクロプラスナイト http://synchroplusnight.info/

■あおいくま公式サイト http://aoikuma.info/

このページの先頭へ